松島で釣り(2)

松島の釣り事情をお伺いしに、釣りっこやタカハシにお伺いしてから、もう1年になります。
こちらでは、おもに波止釣り・磯釣りについてお話をお聞きしました。

松島で釣り(1)

今回は松島湾で釣り船を運行しているフィッシングシンドロームさんにお伺いして、松島での船釣り情報をお伺いしてきました。


笠神プレジャーボートスポット

パレス松洲からは国道45号線を南東に向かって、車で30分前後。
多賀城市と七ヶ浜町のあいだを、伊達政宗の諡号にその名をちなむ運河、貞山堀が通っています。

貞山堀の多賀城市側の岸にある貞山公園から南は、「笠神プレジャーボートスポット」と呼ばれるマリーナになっています。
フィッシングシンドロームさんの釣り船、幸竹丸はこちらに係留されていました。

幸竹丸は、8人まで乗船可能な和船です。

多様な形の島々が絶景を作り出す松島湾は、海底の地形も複雑です。
松島湾で釣り人が狙うのは、その海底に潜むアイナメ・ソイ・マダイなどの、いわゆるロックフィッシュ。水深の浅い水域にも入っていける和船タイプの釣り船はうってつけです。

幸竹丸

フィッシングシンドローム 竹下将真さん

幸竹丸は昨年・2017年の9月に操業を開始したばかりの、まだ新しい釣り船です。
船長の竹下将真さんは志津川(現南三陸町)のご出身。漁業に携わるおうちに育ちました。

釣りを楽しまれる方には自動車で移動される方が多いかと思いますが、こちらには仙石線下馬駅よりバス「ぐるりんこ」で行くことも可能です。
「下馬」バス停から最寄りの「貞山橋」バス停までは5分ほど。

貞山公園

お車でお越しの場合は、貞山公園の駐車場(無料)がご利用になれます。

幸竹丸に乗せていただきました。
この日の海は静かでしたが、貞山堀から湾内に出たばかりのあたりではそれなりに揺れました(写真も斜めになってしまっています)。

松島の島々が広がる海域に近づくにつれて、揺れはおだやかになってきます。

フィッシングシンドローム 幸竹丸から見た松島

フィッシングシンドローム 幸竹丸から見た松島

取材時間の関係で島々の間近には行けませんでしたが、だいぶ近づいてもらいました。
写真の中央あたりには島々の奇観の代表格、仁王島が写っているのですが、遠くてわかりませんね。すみません。

フィッシングシンドロームのお客さまはもちろん釣りを目的に利用されるのですが、写真や動画を撮られる方もたくさんいらっしゃるとのこと。
絶景の、まさにその中での釣りですものね。

釣り船をチャーターしてフィッシング、という方の多くは、自前の装備をお持ちのことと思います。
そうではない、たとえば初心者の方についても、ぜひご相談を、と竹下さんはおっしゃいます。えさや道具について、ご相談に乗っていただけるとのことでした。

釣りといっしょに眺望を楽しむ、というのも、趣深いのではないでしょうか。

幸竹丸

魚種

釣れる魚の種類の豊富さが、釣り場としての松島湾の魅力、と竹下さんはおっしゃいます。
釣りっこやタカハシの高橋店長が「日本一」と呼んだハゼをはじめとして、松島湾では四季を通じてさまざまな魚を釣ることができます。

Original photos by courtesy of フィッシングシンドローム. All rights reserved.

ご連絡先

フィッシングシンドロームへのお問い合わせ・ご予約はウェブサイトから、またはお電話で直接どうぞ。

ウェブサイト

Facebookページ

電話 090-6259-9131

パレス松洲からの地図

なお、釣りっこやタカハシさんに波止釣り・磯釣りについてお話をお聞きした記事はこちらになります。

松島で釣り(1)

おさかな釣りと松島のすてきな眺めを、いっぺんに楽しめるよ。

カテゴリー アウトドアアクティビティ タグ , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です