【2021年】円通院のバラ

円通院 バラ園の薔薇とみつばち

令和3年も6月を迎えました。
今年は西日本から東海地方にかけては平年よりもだいぶ早い梅雨入りとなりましたが、南東北ではまだ、さわやかな初夏の気候が続いています。

円通院のバラの庭園「白華峰西洋の庭」に植えられた色とりどりのバラが、見ごろとなっています。

円通院

円通院 山門

花ざかり、というには少し早いくらいのタイミング。
午前中、比較的早い時間帯におうがかいしましたが、ほかにも拝観に訪れた方々の姿が見られました。

円通院はコンパクトなお寺ですが、境内には気持ちのいいオープンエアの空間が広がっています。

円通院 バラ園の様子

円通院 バラ園の様子

円通院 バラ園の様子

円通院 バラ園の様子

園内のバラは、色も形も大きさもさまざま。
満開のものも、咲きはじめたばかりのものもあります。

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇

円通院 バラ園の薔薇


少し強い朝の光が浮かび上がらせる、境内の情景。木々の枝が涼しい木陰をつくっています。
心字の池では、かわいらしい鴨の夫婦を見かけました。

心字の池の鴨

木漏れ日のなかの三慧殿

野点傘と枯れ山水

木漏れ日とあずまや

パレス松洲からの地図

平年だと、梅雨入りは6月12日ごろ。
雨にうるおったバラの風情もすてきですが、青空の下に咲き誇る花々をご覧になりたい方は、お早めにお運びください。

きれいなお花を見ると、きもちが明るくなるよ!

カテゴリー パレス松洲から タグ .

コメントを残す