松華堂菓子店

今回お伺いする先は、国道45号線をはさんだ松島中央広場の向かい側、飲食店やおみやげ屋さんが並ぶなかにあります。
ちょうど五大堂の向かいあたり、ということで、まずは透かし橋を渡って五大堂に行ってみました。

五大堂

雲ひとつない、よく晴れた日です。平日の午前中なのですが、観光客の方々が何人もいらっしゃいます。

松島のシンボルともいえる五大堂は、約1200年前に坂上田村麻呂が建立した毘沙門堂がその原型と言われています。
その後、慈覚大師円仁が五大明王の仏像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。

安置されている五大明王は33年に一度だけご開帳される秘仏ですが、昨年三井記念美術館で催された東日本大震災復興祈念の特別展「松島 瑞巌寺と伊達政宗」にて出開帳され、多くの観客を集めました。現在の建物は伊達政宗公が瑞巌寺の再興にあたって建立したもの。

写真は五大堂の脇から見た松島湾です。海の青と空の青、松の緑。

五大堂から見た松島湾

松華堂菓子店

国道45号線まで戻ります。横断歩道をはさんだ向かい側にあるこちらの和モダンな建物の2階が、松華堂菓子店さんになります。2010年まではお食事とおみやげのお店として、「独まん」の屋号で知られていました。
1階は松華堂さんが経営するおみやげ屋さん、松島雪竹屋さんです。

ちょっと早めの時間なので、まだ開店準備中でした。立て看板などはまだ出されていません。

松華堂菓子店

こちらは2010年8月に現在の建物に建て替えられました。震災の被害もありましたが、その姿には影響は見られません。

2階にのぼらせていただきます。手前がこちらで製造しているお菓子の販売エリア、その向こうが自然光の入り込む喫茶室になっています。
こちらで販売されているお菓子で人気なのは、なんといってもまずカステラ。

松華堂菓子店 店内

お菓子の販売コーナー

「今のいいところ、昔のいいところ、両方を大切に」というお店のコンセプトに沿って、カステラは手作りでていねいに生産されています。伝統的なカステラですが、長崎のものなどと比べると軽く、やさしい味わいです。

観光客の方々のおみやげとしてだけではなく、地元でも愛されているお菓子です。お話をお伺いさせていただいた店長によると、引き出物などにもよく使われる、とのことでした。

まだ新しい建物なのですが、内装は全体にウッディでちょっとレトロな雰囲気です。インテリアとしてアップライトピアノなども置かれています。

建物の東側一面に広がる窓からは、松島の海と五大堂が。さきほど入店前に見たのとは、逆の側からの眺めです。

松華堂菓子店 店内

お店の窓から見える五大堂

五大堂を、窓際からもう1枚。たまたまですが、有明の月がちいさく写りこんでいました。日本三景を雪月花でたとえると松島は「月」、松島の月は日本百名月のひとつにも認定されています

こちらは観光のメインエリアにあるお店ですが、松島は表通りを歩くだけではもったいない、と店長はおっしゃいます。街歩きが楽しい町なので、ゆっくりと楽しんでもらえれば、とのこと。
同感です。

おすすめメニュー

メニューを開くと、お菓子屋さんに付属する喫茶室のイメージとはちょっと違う、近隣地域のものを中心としたこだわりの品が並んでいます。

松華堂プリン(単品480円)。

厳選した素材を使用して、低温でじっくり丁寧に焼き上げたプリンです。歯ごたえはしっかりしていますが、口溶けはなめらか。
コーヒーかほうじ茶と一緒に楽しむことのできる松華堂プリンのセット(720円)もおすすめとのこと。

松華堂プリン

松華堂プリン(480円)

Photo by courtesy of 松華堂菓子店. All rights reserved.

松華堂カステラ

松華堂カステラ(1,470円)

Photo by courtesy of 松華堂菓子店. All rights reserved.

看板スイーツ、松華堂カステラ(1斤 1,470円)。海の見える店内の工房で、職人さんが丹念に手作りで製造しています。

もちろん店内でも食べられますが、こちらの写真はお持ち帰り用。店長いわく、喫茶室では店内限定のメニューを楽しんでいただいて、おみやげにカステラをお持ち帰りいただくのがおすすめとのことでした。

お菓子屋さんのイートインコーナー、ではあるのですが、喫茶室の洗練されたしつらえと豊富なメニューは、そこにとどまるものではありません。
五大堂の向かい側、という絶好のロケーション。ご休憩に、おみやげのご購入に、お立ち寄りいただくのはいかがでしょうか。

ご連絡先

松華堂菓子店 Facebookページ

電話 022-355-5002

パレス松洲からの地図

プリン、カステラ、夏にはかき氷……
あ、やちよはくいしんぼうじゃないからね!

カテゴリー 松島まち歩き タグ , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です