カフェ・アルバート

松島では最近、新しいお店も増えています。
今回お伺いするのも、そんなお店のひとつになります。

パレス松洲2階からの松島

取材当日はよく晴れた日でした。

写真は当日朝の、パレス松洲2階からの松島です。日差しにさざ波がきらきらしていました。

パレス松洲では、このような眺望がすべての客室よりご満喫いただけますよ(季節やお天気によって、海や島々の表情はさまざまに変わりますが)。

今回訪問させていただくカフェ・アルバートさんまでは、近道を通るとパレス松洲より徒歩で15分程度で到着します。観光桟橋やおみやげもの屋さんなどが並ぶエリアを経由すると、約20分ほど。
今回は瑞巌寺をふりだしにします(観光におでかけの際は、パレス松洲より送迎いたします)。

写真は瑞巌寺の拝観者受付所になります。ここから向かって左側には以前取材させていただいた洗心庵がありますが、今回は右側に進みます。

瑞巌寺拝観者受付

蓮池

少し進むと、蓮池があります。こちらは瑞巌寺に所属する放生池(ほうじょうち、捕えた魚類などを放してあげるための池)です。
池の中には橋が渡された島があり、カエデの樹が1本生えていて、弁財天を祀る祠があります。池の脇はちいさな公園になっています。

蓮池を通り過ぎたところのT字路を、左に曲がります。そのまま行くと住宅地です。

少し歩くと、右手に写真のような、穴の開いた岩が見えます。まるで松島湾の奇岩のひとつが、何かの拍子に陸にあがってしまったようです。

こちらは古来「みやじま」または「みやこじま」と呼ばれた岩で、僧侶の修行場だったとのこと。松尾芭蕉と河合曾良が石巻に向かう際に、こちらの前を通ったと考えられるそうです(おくのほそ道 石巻の章)。

カフェ・アルバートは、この岩の裏手になります。

みやじま

カフェ アルバート

カフェ アルバート

周りに広がるウッドデッキを持ったこちらの建物が、カフェ・アルバート。
お店の軒に、折からの風をはらんでシェードがはためいています。こんな日にウッドデッキ席でお茶を楽しむのは、最高の贅沢ですよね。

オーナー・マスターの桜井保さんは松島町出身。会社勤めを退いたあと、先祖伝来の土地であるこの場所でこのカフェを開業しました。店名は、1922年12月に松島を訪問したアルベルト・アインシュタインにちなみます。

桜井さんがご先祖から受け継いだのが、この日本庭園。ウッドデッキ席からの眺めです。100年以上前、明治時代からあるお庭だそうです。
こちらからは、さきほどの「みやじま」を反対側から見ることになります(写真右端になります)。

お店の中からは、桜井さんの中学時代からの趣味であるジャズが聞こえてきます。お庭とのコントラストの妙が、特に外国人の観光客の方々に好評だそうです。

カフェ アルバートの庭

カフェ アルバート 店内

店内のインテリアには、ジャズのビニール盤のディスプレイが。
こちらに飾られているレコードジャケット、すべてサイン入りなんです。ジャズ好きのかたなら、何人ものジャイアントのサインが並んでいるのを見て、ちょっと驚かれるかも知れません。

窓越しに、さきほどのお庭が見渡せます。

カウンターの端には、カフェオレボウルのコレクションがずらり。カフェオレをオーダーすると、お好みのボウルで提供されます。

メニューには4種類のブレンドコーヒーが載っています。こちらでは2か所の焙煎業者から仕入れた新鮮な豆を、ハンドドリップで淹れて提供しています。

カフェ アルバート店内

フレンチブレンド

ウッドデッキ席で、そのうちのひとつ「フレンチブレンド」(400円)をいただきました。

角のない、まろやかで澄んだ味わいでした。コーヒーカップ越しに眺める日本庭園は、ちょっと不思議な感じです。

おすすめメニュー

こちらの写真は、前掲のフレンチブレンドとは別のロースターから仕入れた豆を使用した、数量限定の「水研ぎ焙煎ハイクオリティブレンド」(500円)。
キャリア40年の焙煎職人がお米のように研いでから焙煎した、一般には販売されていないコーヒーです。

今後は豆の仕入れ先を増やし、アレンジコーヒーを始めるなどして、コーヒーのメニューを増やしていく意向だそうです。

水研ぎ焙煎ハイクオリティブレンド

水研ぎ焙煎ハイクオリティブレンド(500円)

Photo by courtesy of カフェ・アルバート. All rights reserved.

自家製ほろ苦コーヒーゼリー(400円)

自家製ほろ苦コーヒーゼリー(400円)

Photo by courtesy of カフェ・アルバート. All rights reserved.

これからの季節にうれしい「自家製ほろ苦コーヒーゼリー」(400円)。
たっぷりのコーヒー豆を使って抽出したコーヒーを使用しているとのことです。

カフェ・アルバートでは、オーセンティックなノンアルコール・カクテルを提供しています。お車でお越しの方も安心してお召し上がりになれます。
こちらはパイナップルジュースとオレンジジュース、レモン果汁をシェイクしたショート・カクテル「シンデレラ」(450円)です。お座りの席でカクテルグラスに注がれます。

シンデレラ(450円)

シンデレラ(450円)

Photo by courtesy of カフェ・アルバート. All rights reserved.

アップルフレーズル(500円)

アップルフレーズル(500円)

Photo by courtesy of カフェ・アルバート. All rights reserved.

こちらはノンアルコールのロング・カクテル、「アップルフレーズル」(500円)。
レモン果汁とアップルジュースにシロップを加えてシェイクしたものに、ソーダを注いでサーブされます。

メニューにはスイーツやガレットなどの軽食もありますが、同じ敷地内にあるぱんや あいざわさんのパンを購入して持ち込むこともできます。お食事の向きは、コーヒーにパン、という取り合わせはいかがでしょうか。

ご連絡先

カフェ・アルバート ウェブサイト

カフェ・アルバート Facebookページ

パレス松洲からの地図

天体観測もマスターの趣味。不定期に「天文ナイト」を開催してるよ。
くわしくはFacebookページをチェック!

Posted in 松島まち歩き and tagged , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です