【2019-20 牡蠣のシーズン】(1)古浦かき組合

松島の位置する南三陸には、季節ごと・折々においしいものがたくさんあります。
松島を代表する味覚といえば、なんといっても牡蠣。松島の牡蠣はマガキで、10月ごろから春先にかけてがシーズンです。

今年・令和元年は海水温が高かった関係で例年より遅くなりましたが、10月7日(月)より出荷が開始されました。
護岸工事がほぼ終了した、と古浦地区漁業組合の土井正雄組合長から連絡をいただいたので、お伺いしてきました。


古浦かき直売所

古浦の牡蠣処理場は、パレス松洲より奥松島パークライン(県道27号線)をまっすぐ進んで、お車で10分ほど。
立地の関係で電話が設置されていないこともあって、ちょっと穴場の直売所となっています。

行ってみると、完成した護岸壁で、県道側からはすこし見つけづらくなっていました。
印象的な黄色い看板はそのままなので、ちょっと注意すれば見逃すことはないかと思います。

取材日は2019年の出荷が始まってすぐの、本当に「走り」の時期でした。
まだ粒は小さいけれど、今年も味はいい、と土井組合長。

こちらの直売所は朝8:00頃から午後の16:00までの営業です。今年も年末12月31日(火)~年始1月4日(土)を除き、無休で操業されるとのことです。
先にも書きましたが連絡先となる電話はありませんので、直接ご訪問ください。

古浦かき組合 直売所

古浦かき組合 直売所

こちらでは、地方への発送も受け付けています。
チルドゆうパックで、保冷剤はサービス、とのことでした(箱は有償となります)。

冬場、直売所の前の水面は渡り鳥であるオナガガモの姿でいっぱいになるのですが、10月上旬にはまだ渡ってきていないようでした。
松島の海を前にして語り合う姿は土井組合長と、ご宿泊のみなさまにおいしいお食事を提供するパレス松洲料理長です。

お車で松島までお越しの方以外にはややおすすめしづらいのですが、パレス松洲にご来館の帰り道にでも、おみやげのご購入にお立ち寄りいただいてはいかがでしょうか。

パレス松洲からの地図


なお、パレス松洲でも今シーズン、ご夕食に牡蠣鍋の提供を開始しました。

かき鍋

多くのお客さまに例年ご好評をいただいております、味噌仕立ての鍋です。
ご来館いただき、ぜひご賞味ください。

(こればっかりだけど)
令和初のカキのシーズンが来たよ!

Posted in パレス松洲から and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です