松島海岸駅 リニューアル完了

JR仙石線 松島海岸駅のリニューアルが完了し、さまざまな設備が充実したモダンな駅としてデビューしました。
新しい駅舎にオープンしたベーカリーカフェ、UP! BAKER flora(アップベイカー フローラ)の取材にあわせて行ってみました。
(UP! BAKER floraの記事はこちら)


松島海岸駅 新駅舎

松島海岸駅は昭和2年に宮城電気鉄道の「松島公園駅」として開業した、歴史ある駅です。
旧駅舎には独特の風情がありましたが、バリアフリーの観点からはやはり問題のある建物でした。

2020年3月に改修工事に着手、2021年11月には新駅舎での営業が開始されました。
営業開始後、仮駅舎が撤去されるまではその全貌を見ることはできませんでしたが、現在はその落ち着いた外観全体をご覧いただくことができます。

駅のリニューアルは宮城県と松島町、JR東日本仙台支社の包括連携協定に基づいた事業です。

宮城県 公式サイト記事

さまざまな条件のお客さまに松島の観光を楽しんでいただくために、バリアフリーを企図したさまざまな設備が新しい駅舎には整備されています。
例えば、こちらの写真の自動改札機。車いすでも通りやすい間隔が確保されました。

自動改札機

エレベーター

新しく1番線プラットホームが新設され、ひとつしかなかったホームは2つになりました。
旧駅舎では改札からプラットホームまでは階段を利用するしかありませんでしたが、今回のリニューアルではそれぞれのホームにエレベーターでアクセスできるようになりました。

このほか、多目的トイレも新しく設けられています(ちょっと撮影がはばかられたので、写真はありません)。

以前からある、2番線のプラットホームに行ってみました。
新設された1番線と、それぞれにつながったエレベーターを確認できます。

プラットホームは時間帯によって使い分けられているようです。取材時は1番線が使用されておらず、行ってみることができませんでした。
新設の展望台は1番線のプラットホームからしか上れないので、今回は取材はおあずけです。

松島海岸駅 プラットホーム

おみやげ処 松島海岸

おみやげ処 松島海岸

旧駅舎にはなかった待合室が、新駅舎には用意されました。
この待合室に隣接して、新しくおみやげ処 松島海岸がオープンしています。

松島や県内各地のさまざまな産物が、こちらで販売されています。
松島観光に来て、ついうっかりおみやげを買い損ねた、みたいな場合でも安心ですね。

椿の花が描かれた、見慣れた愛らしい姿を見かけました。二八屋物産店さんのこけしです。

【2021再取材】松島直秀こけし(二八屋物産店)

ほかにもいろいろな地域の味覚や、お酒なんかも取りそろえられています。
電車の到着を待つちょっとした時間にでも、ぜひ覗いてみてください。

二八屋物産店の松島直秀こけし


こちらのおみやげ処の奥にある階段を昇ると、UP! BAKER floraのエントランスです。

UP! BAKER flora

みんなにやさしい駅になったよ!

カテゴリー 観光情報 タグ .

コメントを残す