BLUE BAY COFFEE(ブルーベイコーヒー)

松島には、コーヒーを楽しめるお店がいくつもあります。
パレス松洲のウェブサイトでも、10店舗を超えるお店を紹介しています。

「カフェ」の記事一覧

どのお店もそれぞれのスタイルで、こだわったコーヒーを提供しています。
今回お伺いしたのは、令和になってオープンした新しいコーヒースタンド。提供するのは、コーヒーをめぐる最近の潮流にのっとった一杯です。


JR仙石線 松島海岸駅

多くの方々にとって松島への玄関口となる、JR仙石線の松島海岸駅。
2019年9月より、整備工事がスタートしています。

現在の駅舎は1927年に竣工となったもので、すでに92年が経過しています。バリアフリー化を主眼に、よりきれいな駅舎で観光客のみなさまをお迎えするための工事です。
しばらくはご迷惑をおかけしますが、2022年春の工事完了をお待ちください。

駅の改札をくぐり、まっすぐ進むと、国道45号線につきあたります。道を隔てた向こうは、整備工事もだいぶ進んだ松島グリーン広場です。
左に曲がると、道は円通院瑞巌寺のある方向に続きます。そのまま道なりに進むと、直秀こけし観瀾亭、観光桟橋に到着します。

食べ物屋さんの立ち並ぶこのエリアで "COFFEE" の文字を掲げているのが、今回お伺いしたBLUE BAY COFFEEさんです。

ブルーベイコーヒー 外観

ブルーベイコーヒー 櫻井英次さん

ここ数年、各地でコーヒーフェスティバルが催されるようになりました。いろんなお店が出店し、個性の違う味わいを一度に楽しめるイベントです。
仙台でも2016年より年に数回開催されています。

オーナーの櫻井英次さんも、出店者として仙台のコーヒーフェスに参加しているひとりです。
仙台でのチャレンジショップを経て、縁のある松島でこちらのお店をオープンしました。店名の"BLUE BAY"とは、もちろん松島湾を意味しています。

こちらのお店では、コーヒーはテイクアウトのみ。
入り口の内側はすぐに、コーヒー豆と各種器具が並ぶカウンターになっていて、座席はありません。

じつは櫻井さんはコーヒーが苦手だったそうですが、あるとき出会った1杯のおいしさに感銘を受けて、こちらの道に進むことになったとのこと。
そのときの1杯に使用されていた、エチオピア産の豆をメインに、こちらではコーヒーを提供しています。

ブルーベイコーヒー カウンター

コーヒーの抽出

特定の生産者の手になる、単一種の上質なコーヒー豆を使用して、個性を生かす浅めの焙煎をほどこしてていねいに淹れる。コーヒー好きのひとたちに近年、支持されているスタイルです。

いっしょに切磋琢磨しているコーヒー仲間に焙煎を依頼しているという、エチオピアのコーヒーを淹れてもらいました。
豆の量やお湯の温度、抽出速度にも細心の注意を払いながらのハンドドリップです。

軽い飲み心地、すっきりと澄んだ味わいなのですが、まろやかなコクも感じられます。
みずみずしい果実のような酸味が、飲み下したあとに甘みとなって消えていきます。

この日はほかに、ホンジュラス産とブラジル産のコーヒー豆も用意されていました。好みに合わせて選んでいただけます。
自分が感動したおいしいコーヒーを、ほかの方々にも飲んでもらうのが楽しい、と櫻井さん。

エチオピア(570円)

エチオピア(570円)

コーヒートニック(670円)

コーヒートニック(670円)

暑い季節には、オリジナルのコーヒートニック(650円)も用意されています。

さきほどドリップしていただいたものよりも深く煎ったエチオピアの豆で淹れて、オレンジをディップしたコーヒーを、トニックウォーターと合わせた冷たいドリンクです。
まずはストローでコーヒーだけを味わって、それからトニックウォーターと混ぜてお楽しみください。

コーヒーフェスで櫻井さんの淹れる一杯のファンになった方が来店することも、おともだちを連れて松島までお越しになることも多いとか。
テイクアウトのみのお店ですので、松島探訪・散策のおともにどうぞ。

リンク

こちらのお店は、基本的に土日祝日のみの営業となります。
イレギュラーなお休みなどもありますので、営業予定はInstagramでご確認ください。

BLUE BAY COFFEE Instagram

パレス松洲からの地図

コーヒーをたのしみながらまち歩き!
(のんだあとはゴミ箱に、ね)

Posted in 松島まち歩き and tagged , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です